培ってきたスキルを活かせるタクシーの求人

動画作りのスキル

車内

分業化が進むYouTube動画

大手のYouTubeクリエイターというのは、殆どの場合動画の編集者を外部に委託しているといいます。そうすることで、動画の制作に集中することができ、負担を軽減することができるためです。日本で活躍している人気YouTubeクリエイターたちは、動画制作の現場で分業化を進めています。クリエイターが担当するのは動画の撮影だけで、あとはすべて編集者に任せているという人も少なくありません。YouTubeクリエイターと言う新しい仕事が確立されたことにより、編集の求人が増えています。実際に求人情報で募集をかけているケースも散見しますが、やはり編集の求人はコネクションが重要視されているようです。若いクリエイター達は10代から20代が中心であり、学生のときに動画投稿をスタートさせてクリエイターとして成功している人が多いです。そのため、編集も求人を募集するよりは、友達や後輩、それに家族に声を掛けてエディターとしての仕事を任せるようになったというケースが目立ちます。もちろん、求人サイトで募集をかけるケースも増えていて、今伸びているのが動画編集の仕事です。編集のスキルさえあればどこででも仕事をすることができます。打ち合わせはメールやテレビ電話で遣り取りをすることができるので、地方在住でも編集技術さえあれば仕事を見つけることができます。月に数回打ち合わせのために都内に出張をする以外は、自宅で仕事を完結することができます。